« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月の5件の記事

2013年2月22日 (金)

エボミ第4戦 2月17日

アップが今に成っちゃいましたが

今シーズン最後のエボミ行きますか(^^)v

まずは、守谷SAで朝食です

ビックから揚げWそば

Dscn1095640_480

いつもの様に筑波に朝6時に到着

日が出てきても、気温マイナス2.5度

風速1m/s・・・いい感じに冷えてますぅ~

まさに、タイムアタック日和

Dscn1115640_480

走行会がはじまると、もう暇がないので、朝の風景っす

まずは・・・

朝日を浴びる、私(笑)

Dscn1097640_480

ちょっと髪を切りすぎてまして・・・頭が寒いっす(^^ゞ

九州から参戦のトトロさんのGT-R

Dscn1100640_480

GTウィングなどの派手なエアロ無しで、ソリッドな印象

がタイムはこの日0’57.121をマーク・・・速いっす

こちらは、筑波最速のNSX

九州から参戦の九州男児さんのマシン

Dscn1103640_480

この日タイムは0’56.402をマーク!!!NAで55秒代が目の前です

すんげぇ~速いっす

個人的に好きなこちらのマシン

デザインぶちょうのGA1おそらく筑波最速のシティかと

Dscn1112640_480

この日のタイムは、1’01.079!!!!超劇速でございます<(_ _)>

この日は、条件がよかった為か、皆さん踏みまくりでして

珍しく3台のクラッシュ車両が出ました

幸いな事に、ドライバーさんは無傷でしたが・・・

きっと、復活してくれると、また来年走ってくれると信じています

ちょっと、波乱含みで、今シーズンのエボミは幕を閉じました

お昼はサーキット側のカフェレストランでハンバーグっすぅ~

Dscn1130640_480

まいぅぅ~~~で、ごじゃりました(^^)v

2013年2月13日 (水)

黒木本店 喜六

ぼんそわぁ~~る、Agulです<(_ _*)>

しゃてしゃて、本日のエントリーは酒の細道

宮崎の蔵元で、株式会社 黒木本店の喜六(喜の字は草書体で七が三つの字)

Dscn0834480_640

dancyuの2007年9月号によれば

「喜六」は、黒木の逆読みで、四代目の黒木敏之さんの思い入れが強い焼酎

とのこと

宮崎焼酎は鹿児島焼酎より良い意味で外しの芋焼酎が多く

遊びの幅が大きく、芋焼酎の楽しみの幅を広げてくれる

そんな所があります

喜六の裏ラベルには・・・

宮崎・児湯の大地で育てた

掘りたての芋で仕込んでいます。

麹米は宮崎県児湯郡産の「ミナミユタカ」です。

仕込み水は逆浸透膜濾過による徹底して

安全性を追求した水を使用しています。

自然農園と地元契約農家で栽培した芋(黄金千貫)を原料とし、

黒麹と自社培養による独自の酵母を用いて、

昔ながらの「かめ」にて酒母を造り、

木桶で仕込み、蒸留、貯蔵、熟成に細心の注意を払い仕上げました。

自然農園(農業生産法人「甦る大地の会」)は

焼酎ガスの肥料を使い、有機農法、リサイクル、地域循環農業に取り組んでいます

とあります

逆浸透膜濾過・・・純水に近いって事みたいですね・・・

ミネラル分も濾過されちゃいますが・・・

逆に言うと、黄金千貫と酵母の味がストレートに出るって事なのかな?

実は、喜六はお気に入りの串焼き屋で何度か飲んでいるのですが

サラッとした印象なのは覚えているのですが・・・(^^ゞ

dancyuによると、進化する酒との事なので、串焼き屋の時の味と比べて呑む事にします

栓の封に醸心とあり、魂の妙薬と書かれています

Dscn0840480_640

黒木さんの思い入れが伝わります

封の裏には、「焼酎一筋 創業明治十八年」とありました

ラベルはシンプルに「喜六」の文字

Dscn0835480_640

さて、どんな味わいのなか

まずは、生で

・・・スッキリとした味わいです

芋の香りは弱めで、アルコールの刺激も弱めでいてキレが良い・・・

そういった意味で辛口

ですが、甘さと黒麹独得の旨味の余韻が尾を引きます

水割りで頂くと、アルコールの刺激は成りをひそめ甘さとコクが強くでますが

香りは弱め・・・魔王の感じに似ているかもしれません

お湯割りにすると、控えめな芋の香りを称えながら、甘み、コク、旨味が

ワッと押し寄せ、すぅぅぅぅぅぅぅっと消えていく・・・

これは、串焼き屋で味わった味とは違い、深みが増しています

まさに、進化していると言えるのではないでしょうか?

オススメの呑み方は、水割りでも旨いのですが

ここはあえて、お湯割

お湯割りで、少し華やかな香りを楽しみつつ味わう

そんな、呑み方が良いのでは?と思います

2013年2月11日 (月)

エボミ第3戦 2月10日

ぼんじゅぅ~る、まだぁ~むぅ(>▽<)b

去る2月10日、エボミ第3戦で御座います

筑波に到着するとマイナス1.1度の風が吹いておりました

Rscn1052640_480

痺れるような、寒さです

が・・・日が出てくると、意外と暖かい・・・

風も弱まり、これは1ヒート目でタイムがでそうです

Dscn1053640_480

走行会が始まると忙しいので、写真を撮るためにちょっと廻ります

激っぱやのレガシーワゴン使いfパパさん

この日、0’59.287でベスト更新

Dscn1067640_480

完成度の高いFDを駆るTFR☆向島さん

0’57.539でベスト更新

Dscn1061640_480

FDはリヤのタイヤ廻りのラインがカッコイイですよぉ~

談笑中の分切り組み

FF使いのとらさんのシビック(手前)と、美しいS30ZのKUNIさん(奥)

Dscn1073640_480

とらさんは、この日0’59.398でベスト更新

安定したドライブを見せる奥〇さんのS2000

この日1’00.741でベスト更新

Dscn1076640_480

鈴鹿サーキット素人最速のmasaさんのGTR

不慣れな筑波なのに、0’56.536を叩き出し、この日の総合4位

Dscn1093640_480

この日、0’52.513を叩き出し、さらにタイムを更新した

筑波素人最速のアンダー鈴木さんのS15シルビア

Dscn1092640_480

タイムが伸びてご満悦のアンダー鈴木さん

Dscn1094640_480

しっかし・・・どこまでタイムを縮めるのか・・・いやぁ~マジ凄いっす

次回、最終戦の第4戦は、今週末の2月17日

では、筑波でお会いしましょう(^^)/~~~

2013年2月 4日 (月)

TC2000素人最速決定戦バトルエボミ隊 メディアルールのお知らせ

バトルエボミ隊走行会に参加の皆様、サポートの方々、見学の方々へ

お知らせいたします

お陰様で、バトルエボミ隊のTC2000素人最速決定戦もかなり浸透してきまして

参加者はもとより、観客の方、取材の方の人数が多くなり大変ありがたく思っております

それにともない、想定外の事案、および筑波サーキット側からの指摘も受けておりまして・・・

楽しく、和気藹々と、なおかつ安全、円滑に走行会を運営する為に

この度、エボミメディアルールを設けました

Photo

なにとぞ、関係各位の方々、ご協力の程、お願い致しますm(_ _"m)

TC2000素人最速決定戦バトルエボミ隊 HP

http://www.be-circuit.com/

2013年2月 1日 (金)

山元酒造株式会社 黒蔵の神

蔵の神とは、それぞれの蔵付きの酵母を挿すそうです

その酵母を使って作られた芋焼酎の黒麹版

黒蔵の神

Dscn1049480_640

黒のバックにクリーム色の「のし」を中央に配置し

右下と左上から紫色の綱が踊るなかなかシックなラベルで

左側に配置された赤札が黒麹造りである事を色濃く主張します

Dscn1050480_640

裏のラベルには

黒麹を使った「黒蔵の神」は、蔵の神独得の香り、甘みに加え、

さらに旨味が増した逸品となりました。

さらなる旨口の味わいをご賞味ください

と書かれています

まず、生で

フワッと立ち昇る芋の香りが、期待をあおります

弱いアルコールの刺激を感じつつ、甘みと黒麹どくとくの後引く旨味を感じます

水割りにするとアルコールは影をひそめ

甘みと旨味がバランス良く舌の上を踊ります

後を引く旨味は、さらに余韻を残し、次の杯を誘う様です

この味の感じは・・・少し、魔界への誘いに似ているかも・・・

ってことは・・・お湯割りが旨いでしょぉ~

ってことで、さっそくお湯割り

まさに焼き芋のような華やかな香りを感じつつ

まず、甘みを感じます、焼き芋のあの甘さです

その後に、黒麹の深い旨味・・・余韻が長く続きます

この焼酎も、お湯割りで味わいたい焼酎です

黒麹独得の余韻を感じつつ、芋焼酎の旨味を堪能できる酒だと思います

フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

おすすめ商品

  • 楽天ショッピング

gogo.gs

最近のトラックバック