四ッ輪ばなし

2013年4月28日 (日)

フロント牽引フック取り付け

洗車も終わった昼下がり

どうすっかなぁ~って、考えてたら

そう言えば、牽引フック着けて無かったな・・・って事で

部品を出してきて、ノーマルフックに付属の当て板を入れて

ボルト、ナットで共締め

完成

Dscn1193800_600

うぅ~~~ん

ノーマルだと、ちょっとかっこ悪い(笑)

ま、そのうちにリップスポイラーでも着けてやるかな?

あ・・・記事書いてないけど

アイは、走行会&耐久仕様に改造中です

で、シートはすでにバケットに交換済み

Dscn1187800_600

ステアリングも、今の36Φだと少しダルイ印象だから

1Φ落として、35Φかその下の34Φあたりにしたいなぁ~

どうすっかな・・・昔のパーソナルステアリングをひっぱり出すかな?

2013年3月 5日 (火)

第7回レーシングECO耐久参戦記

ちょりぃ~~っす(/・・)

レーシングECO耐、終了でございますm(_ _"m)

先に結果から・・・総合15位(25台参加)クラス順位11位

課題がてんこ盛りですが、初参加で、初めて走るコース

健闘したかな?って所でしょうか?

前日の3月2日に「うみほたる」で夕方5時に待ち合わせ、前泊して

作戦を立てましたが、なにせ初参加のため、ECO走行に的を絞って考えました

とにかく、初コースなんでどの位で走れるものなのかも判りません

なので、考えやすい、ECO重視の作戦で行くことに

が、これが大きな間違いでした・・・

Img_1305640_427

実際は、ECO要素もあるスポーツ走行で、燃費重視の我々の走りだと

規定周回数を走れない事が判明、そうなるとどこまで踏むのか?

となるのですが、なにせ練習走行出来るのは1人、大体3~4周

判るわきゃありません(^^ゞ

もう、完全にぶっつけ本番(笑)

Dscn1153640_480

第1ドライバーは、完全にECOランしてもらった所、1周1’50”前後

こりゃまずいって事で、燃費も気になる物の、踏んで行く事に

第2、第3、第4ドライバーは、コツをつかんだのか1’45”前後で走行して

燃費計数字は10~11

第1ドライバーの11.8に迫る数字です

第5ドライバーも1’45”前後で走りますが、燃費計は9に・・・

そうこうしているウチにドライバーチェンジの時間です

アンカーは私Agul

燃料計のメモリは3メモリ、とにかく行くしかないっす

Img_1739640_427

駄菓子かし、1’50”台で走っても燃費計の数字は9.8までしか上がりません

が、規定最低周回数の問題もあり、タイムアップの指示

えぇぇっい、イッタレ~で走り、1’49”台にペースアップ

が、ペースアップすると、微妙に上の排気量のクルマと絡みやすくなり

走りにくい、ラインを譲りながらペースアップすると燃費計は8.7を表示

タイムも膠着状態、くぅ~~~まじかよぉ~

Img_1682640_427_2

さらに追い討ち、燃料計の表示が最後の1メモリ・・・

走り切れるのか・・・途中でガス欠するんじゃ・・・^^;

が、そんな事知らないピットからはペースアップの指示

そんなん、出来ませぇ~~ん(T_T)

終いには、燃料計の表示が点滅しはじめ、「本当に無いんですけど」と訴えはじめる

ふ、踏めねぇぇ~~^^;

1コーナーのポストで黄旗振動表示、一台アウト側に飛び出ている

1周して戻ってくると、1コーナーのポストの黄旗が静止表示・・・

な、なんだ?

イン側にガス欠で止まったトヨタ86が・・・

次に周って来ると、3コーナーアウト側でロードスターが・・・

それを過ぎると前を走っていたビートが失速・・・

おいおい^^; ウチの子、大丈夫なんじゃろうか?

ラップタイムを表示しているスマホにピットからメッセージ

「残り3周!!踏ん張れ」

・・・ぎりぎりまでペースアップ

アクセル踏んでも息継ぎ現象の兆候が無いのでまだイケるはず

信じて、走る、走る

ピット前を通過と同時にスマホにメッセージ

「ラスト1周!」

ところどころに、ガス欠で動けなくなった車両が有るなか、チェッカーを目指して

丁寧にアクセル操作・・・ヘアピンを曲がり最終コーナーに進入!!!

いっけぇぇぇぇっと声に成らない、心の声

チェッカーが振られている・・・あと、もう少し・・・

無事、チェッカーを受け、ペースダウン

あぁぁ~チェッカーって良いなぁ~(笑)

が、ルールでは、コースの外にあるガソリンスタンド待ち列に、自力でたどりつく事

となっている、まだ気は抜けない

2台前を走っていたロードスターが途中でガス欠・・・

ピットロードに進入・・・ガソリンスタンドへ・・・無事に列に到着

エンジンオフ・・・

くあぁぁぁ~~~疲れた・・・ピットから仲間が走ってくる

ヘルメットを被ったまま、もみくちゃに(笑)

燃料を入れると29.70L入った、タンク容量は35Lなかなか良いんじゃない?

次回は夏に開催のようなのですが、車両が別メンバーでK-4GPへ出場のため

その後の、秋のレースまでお休みです

秋のレース、休みとか合えば良いのですが・・・それよりも、凡人の僕は練習しないと

走れないっす(T_T)

どうすっかなぁ~~、タイヤを替えて練習しに行くか?

現在、悩み中です

2013年3月 1日 (金)

レーシングECO耐久に出ます

突然ですが

明後日(3/3)に開催されるレーシングECO耐久に出場する事に成りました

レーシングECO耐久ホームページ

友人の耐久レース仕様の軽自動車のアイで出場となります

耐久レースなんで、ドライバーは僕を含め全部で6人

速いだけじゃ駄目、でも燃費だけ良くても勝てない

程々に速くて、できるだけスムーズに、結構頭を使わないと順位を上げられない

そんなレースです

久しぶりにヘルメットを引っ張り出して磨いて

Dscn1132640_480

Dscn1138640_480

後ろのバニーガールもピカピカ

スーツはクルマなんで、柔らかい素材の方をチョイス

Dscn1152640_480

本番まで後、数日、がんばるぞぉ~

2012年12月29日 (土)

ALBERTブルーワイドミラー

オイラの足クルマ

軽自動車のアイに、ルームミラーを着けました

ALBERT(アルバート)のブルーミラーです

Albert_bluemirror800_600

知合いのS2000乗りの方がカールツァイスミラーを着けてまして

そのミラーのデザインが非常にスマートで一目ぼれ

でカールツァイスミラーで探すと、このアルバートミラーがヒット

検索先のHPの説明によると・・・

当初カール・ツァイス社製のブルーレンズを採用している防眩ルームミラーとして
1980年代頃から今なお根強い人気を誇るルームミラー。
デザインはもとより構造も極めてシンプルでかつ薄く、
バウハウスの思想が息づくドイツらしい質実剛健な美しさがそこにかいま見れます。
当時のALBERTというブランド、一説によると現在のカール・ツァイス財団グループの
1ブランドであったらしいと言われていますが、正確なところは残念ながら不明。
しかしながら今なお多くのファンがクルマを乗り換える度に、
このルームミラーだけは引き継いで持ち続けているといった話も多く、
このミラーの完成度の高さと、不変の人気を物語っています。
現在のこの復刻レプリカモデルは流石にカール・ツァイス社製では無く、
生産も定かではありませんが、目に優しいブルーレンズを採用しているところや
シンプルなデザインや質感は当時のものを上手く再現しており今なお変わりません。
確かに凸型ブルーレンズは後続車の眩しいライトをやさしく和らげ、
かつ広範囲な後方視界を与え、
なおかつ投影されるその距離感も自然で安心感があります。
取り付けも標準のルームミラーに被せて
背面の2本のスプリングで留めるだけという手軽さ。
車種を選ばず、インテリアのデザインも損なわず、
それでいてしっくりと収まるインテリアカーアクセサリーの王道を行くモノのひとつ。
自動偏光装置付きや特殊な機構を持つものなど
クルマ同様ルームミラーもギミックは色々進化しているようですが、
20年以上もの間も、さらに未だ続きそうな不動の人気度合いを見れば、
本当のモノに対する考え方まで違って見えてきます。
目立たないアイテムなのにずっと手放せない理由がそこにあります。

との事

カールツァイス製ミラーは使っていない様ですが、デザインは同等、

性能も大体同じ・・・って事はレプリカでも良いジャンって事で

ヤフオクが安かったので、ポチットして

先ほど届いたので、早速取りつけしました

Albert_bluemirror800_6002

薄型でフィット感が凄く良いので、満足です(^^)v

2012年10月 8日 (月)

アイ東日本オフ会

ちょりぃ~~っす(/・・)Agulっす

10月7日に長野は諏訪湖近くの「鳥居平やまびこ公園」にて

アイのオーナーズクラブMick(三菱アイ クラブ関東)主催のオフ会があり、

行って来ましたぁ(^^)v

当日の朝に出るのは辛いので、前日に岡谷へ行き前泊

調布インターから中央高速道路へ、するとすぐに渋滞(ーー;)

そして運の悪いことに、車両事故による火災発生のため、

上原I・C~大月JCT間が通行止めに・・・ヾ(_ _。)マジデスカ・・・

急遽、相模湖東出口で降りて下道で岡谷を目指すことに・・・

2時間経ってもインター出口に着かない

そんなこんなで、渋滞の中を走っていると、ラジオで通行止め解除の知らせ

相模湖東で降りないで、そのまま行く事に変更

しかし、なかなか渋滞は緩和されずに、岡谷の宿に着いたのは17時50分

なんと、調布から岡谷まで約7時間・・・つ、疲れたヽ(o_ _)oポテッ

そして、夜には前泊組と現地組メンバーにて噂の前夜祭

155865977_org640_480

疲れもふっとび、宿泊先のホテルの部屋にて2次会!!!

そして、気が付くと夜中の1時・・・明日、起きれるんかいヽ(o_ _)oポテッ

翌朝、根性で6時に起きて朝飯・・・酒が残っていて、食欲が・・・

が、味噌汁は旨い(笑)

そんなこんなで8時にはチェックアウト、

集合時間の10時前に現地に到着して、持ってきたテーブルを出すと

大御所のZEROさんが・・・なにやらセッティング・・・北海道のメンバーと

繋げているみたい

Dscn0549640_480

そのうちにゾクゾクと集まりだし、沖縄から参加の人は、NSXの人にアイを借りて参加

元アイ乗りのポロGTIも加わり大盛況

丸っこいアイは上から見ると・・・なんかミニチュアちっく

Dscn0596tiltshift_1640_480

お昼は、予約してあった「くらすわ」にてランチ

Dscn0606640_480

食事の後、何台か用事で帰りましたが

残ったメンバーで一列に整列

Dscn0612p640_480

あっという間に、日は傾き・・・帰路につく時間です

が、中央道はまたしても事故渋滞で30キロ以上・・・

ってことで、夕飯を食べてから

地獄のオール下道で帰ることに、国道20号~道志~津久井湖経由で自宅へ

18時に諏訪を後にして、23時50分に到着

帰りの道志はかなりキツカッタ・・・

なんせ、道志を出るまでノンストップで走り続け・・・きっつぅ~~ヽ(o_ _)oポテッ

今日は、ガス入れて、洗車して平日を迎える準備です

来年も、また行く予定です(笑)

2012年9月19日 (水)

超鋼材クロモリ鋼製ローレットナットとネプロス17ソケット

愛車のリヤタイヤのホイールとして、レイズのTE37を履いているのですが

これのホイールナットを貫通ナットにしたい

それも、スチール製で

通常、貫通ナットと言うと、アフターマーケットではアルミ製やジュラルミン製の方が

種類が出ているのですが(アルマイト処理などしてファッション性が上がる為)

実はホイールナットの様にねじりながら締め込む所は

ねじり剛性が高いクロモリ鋼製の方が安全なのは、クルマ好きの中でも

走り好きの人間には、常識

なんですが・・・つまみ易い加工を施したローレットナットと成ると・・・意外と無い

探して、探してAmazonで発見

41s8flnsevl

さっそく、貫通ローレットロックナットセットと一緒に発注

31opljtr3fl

で、いざ取り付けようとした所・・・ない

12.7のソケットで17のディープソケットが無い・・・締められない・・・

って事で、工具屋に寄ってKTCブランドのnepros(ネプロス)のソケットを購入

Rscn0522800_600

工具もなんでも言い訳では無く、精度、ネジへの当たりなどを考えると

そこそこの物が必要

KTCなら間違いないのですが、そこは工具の魔力(笑)

超一流のスナップオンの物も良いけど、お値段も良い

スナップオンまで行かないけど、メイドインジャパンパワーで

KTCのネプロスブランドにしちゃいましたぁ~

多分、判る人には判る(なんじゃそりゃ?)

で、無事にホイールナットを交換

Rscn0512800_600

艶消しブラックのTE37にベストマッチじゃん!!!

いいじゃん、俺のクルマ

次期車が決まるまでは、まだまだ、一緒に遊ぼうぜぇ~~

2012年9月17日 (月)

HKS車高調とラテラルロッド取り付け

この3連休に、この間、中古で手に入れた

HKSの車高調とHKS関西製の調整式ラテラルロッドの取り付けを行いました

とは言っても、自宅にガレージがある訳でも無いので

古くからの知合いの坂井ファクトリーにて取りつけ作業です

Dscn0465800_600

いきなりリヤとフロントの車高調が付いている写真から(笑)

Dscn0469800_600

このHKSのアイ用の車高調のフロントは全長調整式という贅沢な構造

これで、減衰力調整と調整式ピロアッパーなら言うこと無しなんですが

そこは、固定式

しかし、贅沢な仕様の割りにあまり売れなかった為、現在はすでに製造終了品

アイ用の車高調で唯一峠スペックのこの車高調が知合いから譲ってもらえたのは

本当にラッキーでした

帰りの交差点では、後ろのコンテナBOXがひっくり返る程の踏ん張りをみせてくれました

もう一つのパーツはこちら

Dscn0467800_600

この全長調整式のHKS関西製のラテラルロッド

アイのリヤサスペンションはトレーリングアーム付きのド・ディオン式

車高を下げると、後ろから見て左にサスペンションが寄ってしまうので

この調整式ラテラルロッドでセンターに戻して上げるのですが、

本当は、アライメントを取りながら作業するのですがアライメントテスターが無い為

目視で「大体この位」で調整

本来アイは走りを云々する車種ではないのですが、だからこそ走りを云々してみたい(笑)

ま、ひねくれ者っすな<(`^´)>

来月は長野でオフ会があるので、エンジンオイルにワコーズ4CR 0W-30を選択して

ついでに交換

これで、快適ドリャドリャ走行仕様(けっして、ドリドリ仕様ではありませぬ)に

一歩近づきました

2012年8月31日 (金)

ウォーターコート

本日は午後から病院で、終わったその足で

クルマをコーティングのメンテナンスに出していたので、引き取りに行きました

コーティングはウォーターコートと言う商品で、ガラス系コーティングです

購入してから7年ですが、この艶

Dscn0369800_600

この映りこみ

Dscn0374800_600

ガラス系のコーティングならではのツルツル感

4ヶ月毎のメンテナンスコーティングが2年分ついて27,720円と

比較的リーズナブルなんですが、このコーティングなかなか優れ物です

なんせ普段の手入れは、基本的に水洗いだけでOK

次の相棒を探してはいますが、今すぐって訳にもいかないので

まだまだ、走ってもらうからね相棒君

2012年8月10日 (金)

次期車

今の軽自動車のi(アイ)も7年目に突入なので
次のクルマをどうするか?構想を練り中です

排気量は、1.6~2.0で、FR、出来たら5人乗車可能(ま、4人乗車でもOK)
って考えると・・・なかなかお高いクルマしか無い

中古車を買って、余力でパーツ交換か?などと考えると
走りの師匠こと、「22さん」推薦の「シビック」あたりが美味しい選択
FRに拘らず、FFも入れると・・・なかなか選択肢がひろがります

しかし・・・シビックで考えると2.0のタイプRってのが気に成る
確か、タイプRはインテと略称で呼ばれるインテグラにもタイプRがあったはず

インテRが何気に気に成ります
2000ccで、6速、年式によってはブレンボキャリパー
エンジンはガンガン回る事で知られるVTEC

後付けのデカイタコメーターとシフトランプ・・・

いいかも

ちょっと、真剣に探そうと思います

2012年7月29日 (日)

バリスサマーフェスタ

ちょりぃ~~っす(/・・)Agulっす

昨日は、何時もお世話になっているバリスと言うエアロメーカーの
サマーフェスタに顔を出してきました

今、乗っているクルマにつけられるエアロパーツは無いんだけど
前車でお世話になったので・・・

バリス
http://www.varis.co.jp/varis/varis.html

しっかし暑い日でした・・・水分とっても、とっても足りない(笑)

とにかく、デモカーを見る見る

Dscn0001800_600

トヨタ86、今一番気になっている新車で買えるクルマ
それなりに手を入れないと、不満が出そうだけど
2000ccのスポーツタイプとしては、良く出しましたって所かなぁ~

まだ、出たばかりで値引きも少なくて、ちょっと購入までイケないクルマだけど・・・

こちらは以前乗っていたエボの最新型ランサーエボリューションX(10のローマ数字です)

Dscn0002800_600

3ナンバーワイドボディをさらにワイドにしたデモカー

サーキットと家庭を上手く両立できる数少ないマシンですが・・・
ファミリーカーと呼ぶには維持費が掛かる(笑)

さぁ~て、自分も次期マシンをそろそろ決めて
サーキットに戻りたいっすねぇ~

フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

おすすめ商品

  • 楽天ショッピング

gogo.gs

最近のトラックバック